エコキュート

エコキュートは自然の力を使った環境に優しい電気温水器です。

エコキュートとは


エコキュートとは、自然冷媒ヒートポンプ給湯機のことをさします。
エコキュート以前の電気温水器は、冷媒にフロンガスや代替フロンを使っていましたが、
エコキュートはこうしたフロンガスを使っておらず、二酸化炭素も出さない、大変環境に優しい電気温水器です。

エコキュートの仕組み

大気熱を自然冷媒に集め、その熱でお湯を沸かします。
(▼左右にスクロールしてご確認ください)

※曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り電力会社より利用

エコキュートのメリット

メリット 1 ランニングコストが安い!


※ご家庭の条件により異なります。
一般家庭の光熱費のうち、約1/3が給湯に費やされていると言われています。
その給湯費を削減できるので光熱費を大きく下げることができます。

さらに、電力会社が提供しているお得なプランに加入できます!

はぴeタイム(関西電力の場合)

電気供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し、かつ、総容量が原則として4kVA 以上の夜間蓄熱式機器 ( エコキュートや電気温水器(370L以上)など)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ式給湯機など)をご使用で、この契約をご希望されるお客さま

  • はぴeタイムの電気料金は電力量料金(各時間帯における電気のご使用料に応じた料金)に加え、別途基本料金2,100円が必要です。
  • 「休日扱い日」とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規程する休日(※)、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日。
  • 通常料金単価とは、「従量電灯A」第2段階単価としております。
  • 平成20年9月現在の料金単価を適用しております。
  • デイタイムのその他季は、毎年10月1日から翌年の6月30日までの期間と致します。
  • デイタイムの夏季(毎年7月1日から9月30日までの期間)料金単価は30.72円です。
  • 別途燃料費調整制度、太陽光発電促進付加金等により、ご負担額が変わる場合があります。 料金単価には消費税等相当額を含んでおります。
  • 詳しくはお近くの電力会社営業所までお問い合わせ下さい。

はぴeプラン(関西電力の場合)

はぴeタイムにご加入いただけるお客さまで、給湯・キッチン・冷暖房などの家の中の熱源を、すべて電気でまかなっていただくお客さま

  • 「休日扱い日」とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規程する休日(※)、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日。(年間120日程度)
  • 割引上限額は、1ヶ月につき3,150円とします。
  • 詳しくはお近くの電力会社営業所までお問い合わせ下さい。

メリット 2 火を使用しない。だから、安心、安全

大気の熱をくみ上げてお湯を沸かす為、火を使用せず、ガス給湯器のような、不完全燃焼などはありません。

メリット 3 災害時に役立つタンクの水


万が一、天災がおこって、断水しても、タンク内の水を生活用水として使用できます。
また、停電時にはガズ・灯油の給湯器も電気で動く為、お湯を沸かすことが出来ませんでしたが、EQは深夜に貯めておいたお湯を蛇口から使用できます。

メリット 4 多機能

エコキュートには、機能別のいくつかのタイプがあります。
環境やライフスタイルに合わせて、選択していただけます。
現在追い炊き機能が付いていない方でも、ご使用の浴槽はそのままで追い炊き機能を付加することが出来ます。
※浴槽の種類によってできない場合があります。
※追い炊き機能を付加する場合、浴槽に循環金具の取り付けが必要です。

  1. 「お湯はり」から「保温」「たし湯」「追いだき」までを全自動ですべてこなすタイプ
  2. お湯はり機能や保温などの機能は無く、蛇口から給湯するのみ。といった、給湯専用タイプ
  3. 「お湯はり」「保温」「たし湯」などの機能はもちろん「風呂自動湯はり」機能や「床暖房」「浴室暖房乾燥」が可能なタイプ

取り扱いメーカー一覧

  • ダイキン
  • 三菱
  • 東芝
  • 日立
  • パナソニック
  • コロナ
  • ハウステック

エコ事業サービス一覧